かるがもコラム ~赤ちゃんとの生活~


赤ちゃんの自然な眠りと「ねんねトレーニング」

 

ネットや書籍でも話題になっていますね。最近お母さん達からの質問も多くなったなと実感。小児科医の立場からお話しいたします。
  
まずは自然な赤ちゃんの眠りについて。
 生まれたての赤ちゃんの睡眠は小刻みですが、1日におよそ18時間くらい眠ります。
しだいに昼と夜の違い(概日リズム)が区別できるようになり、眠りの大部分が夜間に集約するようになります。
しかし、そのリズムの成長には個人差があります。
 
1歳の時点で、毎晩規則正しく(22時~6時まで)眠ることのない赤ちゃんは、およそ3割いるという研究があります。
1歳になっても夜たびたび起きることは、赤ちゃんにとってはごく自然なことなのです。
 
ヒトは寝ている間、浅い眠りと深い眠りを繰り返しています。
赤ちゃんの眠りのパターンは、この繰り返しが大人よりも小刻みであることが分かっています。
大人よりも浅い眠りのタイミングが多くやってくる、ということです。
このことも、赤ちゃんが夜でも度々起きる理由のひとつかもしれません。

 

ヒトの赤ちゃんの睡眠パターンが小刻みになったのには、他の動物と違う特徴があるようです。
 
昔ヒトが繁栄し始めた頃、生後まだ何もできない赤ちゃんは、脳を急速に発達させるために、母親のすぐそばに抱かれながら高カロリーで消化のよい母乳を頻繁にもらって過ごす必要があったと言われています。
昼夜問わずに母乳を飲んで、早く大きくなって病気や危険な環境から身を守っていたのですね。
 また現代の赤ちゃんにとっても、特に消化のいい母乳栄養の場合は夜にも頻回授乳が必要になることは、みなさんもご存じかと思います。
 
眠りの環境を考えると、欧米を中心として行われているような赤ちゃんを一人で寝かせる睡眠環境の歴史は、まだ浅いといえます。
日本人は今でも子どもと親が同じ部屋で寝るお家はたくさんあり、より自然な形で赤ちゃんが眠れる環境があるのかもしれません。
 
ここまで読んでいだいてお分かりの通り、赤ちゃんは一人で眠ることに慣れておらず、また夜中にたびたび起きるのが正常(必要な)な睡眠リズムなのです。
 
赤ちゃんが夜中に起きてしまったとき、実際、みなさんは赤ちゃんが夜中に起きてしまったとき、どのように対応していますか?

 

・授乳する

・がんばって抱っこで寝かせる

・パパが寝かせる

・そのままにしておく

 

いろいろな答えがありますが、私が今まで相談を受けた中で一番多かった答えが、やはり「授乳」でした。

 
赤ちゃんは、夜中に目が覚めたとき、起きているように見えても実際は目を閉じて泣いているだけのことも多く、このタイミングで授乳をして速やかに眠れた方が、赤ちゃんもお母さんも眠りが妨げられずに済む場合が多いようです。
 
抱っこしているうちに、もしくはそのままにしておくうちにしっかり覚醒して遊び出してしまうと、眠りが中断してしまい、しかも再び寝かしつけるのが大変になってしまいます。
 

ねんトレは必要なの?

赤ちゃんが一人で眠れるようにトレーニングする必要はありませんし、トレーニングできるものでもない気がします。

むしろ、月齢が小さいうちから長く深い睡眠をとるように促すことは、赤ちゃんをSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクにさらすことになるという意見もあります。

 

あまりに寝不足で育児がつらいという場合には、昼間にお母さんが休める時間ができるようにサポートしてもらうなど、赤ちゃんの眠りをコントロールする以外の方法を探してみるのはいかがでしょうか。

 

 

参考情報

・NPO法人 日本ラクテーション・コンサルタント協会ホームページ

英国ダラム大学ISISのインフォーメーションシート

わが子がぐっすり眠れる魔法のスイッチ(ハーヴェイ・カーブ著 講談社)

 
院長 江田 

夜間の授乳について
  
人見知りが始まる8ヶ月ごろから1歳前後にかけて、
夜の授乳が増えてしまったという相談がとても多く寄せられます。
 
みなさん、何とか抱っこなどで寝かせようと試みるものの、
やっぱり授乳でないと寝ない、結局おっぱいをあげてしまった、とおっしゃいます。
 
私も息子の授乳中にこのパターンを体験し、2歳近くまで
寝かしつけるときに授乳していました。
 
日中に消化のよい補完食(離乳食)や母乳で過ごす赤ちゃんは、成長するにつれて夜間おなかが空いたり、のどが渇いて
母乳を欲しがることが多くなるかもしれません。
 
またこの頃の母乳育児には、とても大切な親子のコミュニケーションという役目があると(個人的に)思っています。
 
何かイヤなことがあったとき、寝ぐずったとき、ちょっと一息つきたいときに、お母さんに甘えてみたら、甘くて美味しい母乳を飲んで安心できる。
こんなに赤ちゃんがホッと安心する時はないように思います。
 
大人でいうと、コーヒータイム?
仕事終わりのビールの美味しさ?
落ち着く場所で、好きな飲み物を飲んでリラックスする…大人も同じですね!

 

 
また、断乳をしたらよく寝るようになったという話を聞いたが本当か?というご質問もとても多いです。
 
実際は人工乳で育てられている赤ちゃんは、母乳で育てられている赤ちゃんよりも早い時期に、深くて(1回の睡眠が)長い睡眠をするようになることがわかっています。
深くて長い睡眠は、この時期の赤ちゃんにとってナチュラルな睡眠パターンではありません。乳幼児突然死症候群の危険因子に人工栄養が挙げられているように、ミルクで育てると長く寝てくれると前向きにとらえるのは危険です。
 
しかし、
母乳栄養だから十分に睡眠をとることができない、と考えているお母さんもいらっしゃると思います。
 
そんな方にぜひ知っていただきたい研究結果があります。
母親の睡眠について調べた研究によると、母乳栄養は人工栄養の母親と同じか、より多くの睡眠を得ていることが分かっています。
調乳の手間がないことや、すみやかに眠りに戻れること、授乳中にも睡眠をとれることなどが理由かもしれません。
赤ちゃんそれぞれの持つ授乳や眠りの自然なリズムは、成長とともに変わります。
その変化に対して、周囲から入る情報に惑うことなく、ナチュラルに赤ちゃんの成長を見守ることができればいいなと思います。
 
院長 江田

 

参考文献

1Montogomery-Downs et al(2010) infant Feeding Methods. Material Sleep and Daytime Functioning.Pediatrics2010 126e1562


ネットから入る育児情報に惑わされないために…

 

診察室でお母さん方と話していると、度々「ネットで…って書いてあって心配になりました」という声を耳にします。

医療情報はもちろんのこと、育児情報においても、ネット上には情報があふれています。そのような情報には信頼性に欠けるものも少なくありません。間違った情報に惑わされてしまう時間がもったいないですし、万一お子さんの健康に影響が出てしまう可能性もあります。

もしご心配なことがあれば、小さなことでもぜひご相談ください。