一般診療・担当医

一般診療

体調がすぐれないお子さんの受診はもちろんのこと、成長や発達に関すること、離乳食のこと、皮膚のトラブル、アレルギーのこと、便通のことなど、「お子さんは元気だけど気になる」ということも、気軽に相談にいらしてください。

待合室での感染予防として、患者さんの症状によって診察待合ブースを2つに分けています。

 

成長や発達について
お子さんが健やかに成長発達されることは、保護者の方にとって何よりの安心です。逆に、少し気になることや、他のお子さんと違うことがあると、ご不安に思われることと思います。
私たちは、親御さんがご不安に感じていることがあれば、それが小児科を受診する理由に値しないことはない、と考えています。
医学的な正常の成長発達には幅があり、たとえ他のお子さんと違う点があったとしても、それがそのお子さんの個性である場合もあります。個性であるのか、何か原因があるのか、見極めるには時間が必要です。一度の診察では判断が難しい場合には、定期的にお子さんの成長発達を見守り、保護者の方と一緒に方向性を考えていきたいと考えています。

 

授乳や食事のこと
子どもの健やかな育ちに、授乳と食事は欠かせないものです。当院では、授乳支援の専門ライセンス「国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)」を持つ小児科医師と助産師が連携して、科学的な根拠(エビデンス)に基づいた「授乳と食事の支援」を行っています。授乳のことは授乳相談室へ、離乳食期から3歳頃までの食事についての相談は 、ごはん外来でご相談ください。

 

臍ヘルニアの治療

当院では、赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)に対して、圧迫固定法による治療を行っています。いずれ自然に治ることが多い臍ヘルニアですが、自然に治るまで待つ間に引き伸ばされた皮膚(余剰皮膚)がおへそに残ったり、治らない場合には手術が必要になるため、保険診療で治療ができるようになりました。軽い方で1ヶ月、大きなヘルニアの場合は2ヶ月ほどかけて、綿球とテープでおへそを固定し、ヘルニアを早く治すための治療です。

 

※問診票を下記よりダウンロードできます。A4用紙に印刷して、ご記入の上ご来院ください。

ダウンロードできない方は、来院時でもお書きいただけます。 

(2019年4月 内容を改訂しました。以下のデータをご利用ください)

ダウンロード
【当院を初めて受診される方の登録票】
hajimete_monshin2019.pdf
PDFファイル 54.6 KB
ダウンロード
【診察の問診票】
monshin2019.pdf
PDFファイル 75.0 KB

担当医※2019年6月~

 
午前

海野

江田

高原

江田

江田

高原

高原

五十嵐

江田

五十嵐

交代制
午後

宮下

江田

 

高原

江田

 

 宮下

江田

 

担当医変更のお知らせ

・6月29日(土)      午前         高原 五十嵐

 

・7月1日(月)        午後         江田 ※一診

・7月6日(土)        午前         海野 宮下

・7月10日(水)    午後         江田   ※一診

・7月13日(土)      午前         江田   高原

・7月20日(土)      午前         高原   宮下

・7月22日(月)      午前         江田 → 高原

・7月24日(水)      午前         高原 → 宮下

・7月24日(水)      午後         江田 ※一診

・7月25日(木)      午前         高原 → 江田

・7月27日(土)      午前         江田   宮下