ごはん外来(旧 食べもの好き嫌い外来)


食べもの好き嫌い外来の様子
おかゆを例に効率よいカロリーの摂り方をお話しています

スプーンをいやがる、離乳食がなかなかステップアップしない、食事量が増えないなど、3歳頃までの食事に関する様々なご相談に対応しています。

「ごはん外来」は、そのようなお子さんにどう対応したら良いかを、小児科医師と一緒に考え、お子さんの育ちを見守っていく外来です。

 

対象:3歳まで(それ以上の年齢の場合は応相談)のお子さんで、嚥下障害(飲み込みの障害)がない方

 

 

日時:月・水・金 午後(お電話にて予約をお願いします)

担当:江田  

料金:保険診療

 

持ち物:保険証・小児医療証・母子手帳・事前にお渡しする問診票・(可能であればお子さんの食事の様子を動画撮影してお持ちください)

 

 

 

相談内容の例:

・スプーンをいやがる

・具体的な手づかみ食べの方法が知りたい

・離乳食がなかなかステップアップしない
・食べる量が少なく、決まったものしか食べない

・食事の時間が長い
・新しい食べものに手を付けない
・食卓につかない、食べもので遊ぶ、食事中に歩きまわる

 

相談の流れ:

1回目の診察では、お子さんの健康状態を診察し、必要に応じて血液検査で栄養評価を行います。お渡しする問診票から、お家の食卓で困っていること、食事の目標、食べるときに伴う症状、数か月間の食事の状況を詳しくお聞きします。また、ご家庭の状況や1日の生活スケジュールなども参考にしています。具体的な提案(苦手な食材の食べさせ方や食卓環境の整備など)を行います。

必要な方は再診予約を行います。

最終的にはお子さんはもちろん、親御さんも食事の時間を楽しむことが出来るような作戦を考えていきます。